市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

赤札屋 四谷店

豚ロースカツ煮定食 550円

赤札屋 四ツ谷店

「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチしんみち通り」通り沿いにあるビルの1階にある居酒屋さん。「鐵一」は同じビルの2階。
「赤札屋」は都内に数店舗あり「千ベロ」も可能な激安な居酒屋さん。「赤札屋」のランチは初めて。

ランチメニュー

「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 「揚げ物・炒め物・煮物」など。各550円。「ライス・みそ汁・コーヒー・生玉子」はお替わり自由。 「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ ランチはメニューも豊富。「サンマ・おでん」もある。

夜メニュー

「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 「チューハイ・緑茶ハイ・ウーロンハイ(100円)」「トリスハイボール(190円)」と激安。 「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 一品も激安。余裕で「千ベロ」が可能だ。素晴らしい♪

豚ロースカツ煮定食(550円)

「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 「味噌汁・生玉子・ご飯・カツ煮」が付く。ご飯は多め。
味噌汁はぬるく薄いけど「わかめ・ネギ」が沢山。生卵は小さめ。お替わり自由が嬉しい。
「カツ煮」にしたので「玉子」がかぶってしまった。でも、玉子好きとしては全然OK。
「カツ煮」の鍋のような容器がまた哀愁がある。 「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 玉子はやわらかい箇所が多く残る丁度良い火通し加減。玉ねぎも沢山入る。
味付けは醤油が少したっているけど甘すぎないのがいい。

肉は少し固めで脂身は少ない。衣はサクッとしている所が少し残る。
価格を考えれば十分すぎるほどの「カツ煮」です。
安く沢山食べれる良店。こうゆう店は町に一つは欲しいですね。

卓上

「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 醤油・ソース・塩・七味。

店内

「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ カウンターはなくテーブル席のみ。12時になる頃には8割り程度の客入り。
接客は年配の方で味のある接客。 「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 「ライス・みそ汁・生玉子」はお替わり自由。 「赤札屋 四谷店」で「豚ロースカツ煮定食(550円)」のランチ 「コーヒ」もお替わり自由。ちゃんと「アイス・ホット」がある。コーヒーは薄かった。

「赤札屋 四ツ谷店」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★☆
店名 赤札屋 四ツ谷店
電話番号 03-3357-8158
交通手段 四ツ谷駅 徒歩3分
住所 東京都新宿区四谷1-7-25 四谷鈴木ビル 1F
営業時間 [月~金]
11:30~15:00
16:00~27:00
[土]
15:00~27:00
[日・祭]
17:00~24:00
食べログ tabelog.com(口コミ:32件 / 評価:3.25)

四ツ谷(四谷)とは

四ツ谷駅(よつやえき)は、東京都新宿区四谷一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。駅の敷地内を区境が走っており、JR東日本の大部分および東京メトロ丸ノ内線の一部は千代田区麹町六丁目に所在している。一部案内では「四ッ谷」と小さい「ッ」を用いることがある。丸ノ内線の隣駅は「四谷三丁目」、町名は「四谷」、駅前のバス停留所は「四谷駅」「四谷駅前」で、「ツ」が入らない。、四谷地区という明確に線引きされた地区が存在するわけではないが、行政サービスに於いては、新宿区四谷特別出張所管区域界、四谷警察署管轄区域を指し、これらはほぼ新宿区発足直前の旧四谷区域に準じている。他にも四谷の総鎮守である須賀神社の氏子区域とする見方もあり、実際にはおよそ旧四谷区域のうち、新宿地区と明治神宮外苑一帯をのぞいた地区(おおむね、靖国通り(北)・JR線(南東)・外苑西通り(西)に囲まれた地区と、その周辺)の総称である。