市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

支那そば屋 こうや

ワンタン麺 1,100円

支那そば屋 こうや

「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] JR四ツ谷駅から「しんみち通り」を抜けて更に少し進むとお店があります。
「こうや系」を作り出した名店。タモリさんも通う?らしい。
四ツ谷には「こうや」の娘さんが独立してやっている「徒歩徒歩亭」もあります。

メニュー

「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] お昼の時間帯は麺類メニューが中心。 「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] 17:00以降は中華料理メニューも注文ができます。夜も来てみたい。

ワンタン麺(1,100円)

「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] 「こうや系」といえば「ワンタン麺(1,100円)」を注文。
丼ぶりいっぱいにスープが入っています。具もたくさん。
「海苔1枚・九条ねぎ・メンマ・チャーシュー2枚・ワンタン5個」とボリュームが凄い。
「1,100円」と高いかな…と思い注文したけど具を見て納得。 「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] ワンタンは餡がぎっしりと入り食べ応えがある。
餡だけでなく皮もしっかりとしてます。ツルんと食べるよりガシガシ食べるワンタン。 「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] 麺は中細ストレート。普通の茹で加減なので固め好きは固めと注文したほうがよさそう。
麺は「ワンタン・スープ」に比べると特徴はない。
スープは「鶏ガラ・豚骨」。両方ともしっかりと感じることができます。豚骨の方が強いかな。
味は「塩・醤油」の中間。さっぱりだけどコクがある。
懐かしいけど新しい、ありそうでない、そんな味。
ボリュームもありおなか一杯になりした。

卓上

「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] 「こしょう・醤油・酢」。

店内

「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] 11:40入店で7割程度の客入り。カウンターはほぼ満席。
活気があり接客もスムーズ。回転は速そう。 「支那そば屋 こうや」で「ワンタン麺(1,100円)」[四ツ谷] カウンター・テーブル席があります。

「支那そば屋 こうや」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★☆
店名 支那そば屋 こうや
電話番号 03-3351-1756
交通手段 四ツ谷駅 徒歩4分
住所 東京都新宿区四谷1-23 上野KGビル 1F
営業時間 11:30~22:30
定休日 日曜・祝日(※お盆休み、年末年始休みあり)
食べログ tabelog.com(口コミ:500件 / 評価:3.70)

四ツ谷(四谷)とは

四ツ谷駅(よつやえき)は、東京都新宿区四谷一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。駅の敷地内を区境が走っており、JR東日本の大部分および東京メトロ丸ノ内線の一部は千代田区麹町六丁目に所在している。一部案内では「四ッ谷」と小さい「ッ」を用いることがある。丸ノ内線の隣駅は「四谷三丁目」、町名は「四谷」、駅前のバス停留所は「四谷駅」「四谷駅前」で、「ツ」が入らない。、四谷地区という明確に線引きされた地区が存在するわけではないが、行政サービスに於いては、新宿区四谷特別出張所管区域界、四谷警察署管轄区域を指し、これらはほぼ新宿区発足直前の旧四谷区域に準じている。他にも四谷の総鎮守である須賀神社の氏子区域とする見方もあり、実際にはおよそ旧四谷区域のうち、新宿地区と明治神宮外苑一帯をのぞいた地区(おおむね、靖国通り(北)・JR線(南東)・外苑西通り(西)に囲まれた地区と、その周辺)の総称である。