市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

もも瀬

穴子ばら揚丼 1,600円

もも瀬

「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ 「市ヶ谷駅」と「九段下駅」の間くらい。「靖国通り」と「大妻通り」の交差点付近にあります。
チリパーラーナイン」が1階に入っているビルの地下一階。 「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ 階段で地下一階へ降りると入口があります。

ランチメニュー

「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ 天丼と定食。全品「ご飯・味噌汁・お新香」付き。ご飯のお替わりは無料。
上定食の最後のかき揚げはかき揚げ丼にもしてくれる。 「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ お持ち帰りの弁当も販売しています。夏限定の「冷し天茶(1,300円)」も始めたようです。

穴子ばら揚丼(1,600円)

「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ 定食か迷ったけど迫力のある「穴子ばら揚丼(1,600円)」を注文。ご飯は大盛り。
注文してから揚げてくれる。 「ご飯・味噌汁・お新香・丼」が付く。タレと山椒もつき。
味噌汁が出汁が効いて美味しい。 「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ 凄い迫力です。穴子の上には「しそ」がたっぷり。ご飯の上には「のり・ごま」がこれもたっぷり。
穴子は外はサクッとしてて中はほくほく。土臭さも全くなくて美味しい。
タレは最初はあまりかかっていないのでサクサクのまま楽しめる。
タレは甘すぎずきつくなく美味しい。「しそ」も合う。
繊細な料理に大胆な盛り付け。 ボリュームもあり「1,600円」も納得価格。

卓上

「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ 塩・七味・つけだれ。

店内

「もも瀬」で「穴子ばら揚丼(1,600円)」のランチ カウンター・テーブルがある。開店直後の11:30入店で続々と後客がある。
店を出た11:50には待っている人がでていた。
店主もアットホームで活気のある店内。

「もも瀬」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★★
店名 もも瀬
電話番号 03-3262-0308
交通手段 市ヶ谷駅 徒歩7分
九段下駅 徒歩9分
住所 東京都千代田区九段南3-7-12 九段玉川ビル B1F
営業時間 11:30~13:30/17:30~19:00
定休日 土曜日・日曜日・祝日
食べログ tabelog.com(口コミ:72件 / 評価:3.59)

市ヶ谷とは

市ケ谷駅(いちがや)は東京都千代田区・新宿区にあります。JR東日本「総武線」東京メトロ「有楽町線・南北線」都営地下鉄「新宿線」が通る。 JR市ケ谷駅は外濠を挟んで千代田区五番町にあるため、「市ヶ谷」「市ケ谷」「市谷」の名を冠した建築物は新宿区側・千代田区側(番町・九段地域)双方に存在する(中央大学市ヶ谷キャンパス、法政大学市ケ谷キャンパス、上智大学市谷キャンパス、アルカディア市ヶ谷など)。そのため、千代田区内の駅周辺地域も慣例的に市ヶ谷と呼ばれている。 名の由来には、市ヶ谷孫四郎の領地があったから、とか、四谷第一の谷なので「一ヶ谷」、或いは亀岡八幡宮の門前で市が開かれていた「市買」が訛った、などの説がある。