市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

炭火魚 旬彩料理 坂本

銀ムツ香味焼き 1,000円

炭火魚 旬彩料理 坂本

「炭火魚 旬彩料理 坂本」で「銀ムツ香味焼き(1,000円)」のランチ[四ツ谷] 「しんみち通り」と並行している「三栄通り」沿いのビルの1階。
炭火で焼いた魚が売りなお店。コシヒカリはランチ時では3~4回に分けて炊くなど、こだわっている。

ランチメニュー

「炭火魚 旬彩料理 坂本」で「銀ムツ香味焼き(1,000円)」のランチ[四ツ谷] 13時頃入店で「シャケ味噌漬け焼き」は終わったとのこと。
「ご飯・大根おろし」がお替わり自由。

テイクアウトメニュー

「炭火魚 旬彩料理 坂本」で「銀ムツ香味焼き(1,000円)」のランチ[四ツ谷] テイクアウトも行っていて色々なメニューを対応されている。

銀ムツ香味焼き(1,000円)

「炭火魚 旬彩料理 坂本」で「銀ムツ香味焼き(1,000円)」のランチ[四ツ谷] 迷うことなく「銀ムツ香味焼き(1,000円)」を注文。
「大根おろし・漬物・冷奴・ひじき・味噌汁・ご飯・焼魚」が付く。
味噌汁は赤だしでしっかりとした味付け。三つ葉の香りがととても良い。
漬物が2種類や冷奴・ひじきが付くのが嬉しい。ご飯も美味しい。 「炭火魚 旬彩料理 坂本」で「銀ムツ香味焼き(1,000円)」のランチ[四ツ谷] 「銀ムツ」は厚みがありサイズも十分。味は強めについているので酒よりご飯に合う。
外は香ばしく中はふっくらと焼かれている。
脂が凄いのっていて美味しい。でも、ギトギトではなくちょうど良い脂ののり。

「銀ムツ」で「千円」はお得感があります。
「銀ムツ」だと他の魚メニューより値段を上げているお店が多いからな。
でも、他のメニューも食べてみたいな。

卓上

「炭火魚 旬彩料理 坂本」で「銀ムツ香味焼き(1,000円)」のランチ[四ツ谷] 醤油・つまようじ

店内

「炭火魚 旬彩料理 坂本」で「銀ムツ香味焼き(1,000円)」のランチ[四ツ谷] カウンター・テーブル席があります。ランチ時はいつも混んでいる人気店。
13時頃入店でカウンターに空席が多かったので入店。その後、カウンターはほぼ埋まっていた。
接客もよく活気もある。四ツ谷で焼魚だったらこのお店だな。

「炭火魚 旬彩料理 坂本」を予約する

  • ホットペッパー

「炭火魚 旬彩料理 坂本」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★★
店名 炭火魚 旬彩料理 坂本
電話番号 03-6380-4643
交通手段 四ツ谷駅 徒歩5分
住所 東京都新宿区四谷1-23-9 YOK BUILD 1F
営業時間 11:30~14:30(L.O.14:00)
17:45~23:00(L.O.22:30)
定休日 日曜日
ホームページ sumibisakanasakamoto.web.fc2.com
食べログ tabelog.com(口コミ:46件 / 評価:3.53)

四ツ谷(四谷)とは

四ツ谷駅(よつやえき)は、東京都新宿区四谷一丁目にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)、東京地下鉄(東京メトロ)の駅である。駅の敷地内を区境が走っており、JR東日本の大部分および東京メトロ丸ノ内線の一部は千代田区麹町六丁目に所在している。一部案内では「四ッ谷」と小さい「ッ」を用いることがある。丸ノ内線の隣駅は「四谷三丁目」、町名は「四谷」、駅前のバス停留所は「四谷駅」「四谷駅前」で、「ツ」が入らない。、四谷地区という明確に線引きされた地区が存在するわけではないが、行政サービスに於いては、新宿区四谷特別出張所管区域界、四谷警察署管轄区域を指し、これらはほぼ新宿区発足直前の旧四谷区域に準じている。他にも四谷の総鎮守である須賀神社の氏子区域とする見方もあり、実際にはおよそ旧四谷区域のうち、新宿地区と明治神宮外苑一帯をのぞいた地区(おおむね、靖国通り(北)・JR線(南東)・外苑西通り(西)に囲まれた地区と、その周辺)の総称である。