市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

キッチン たか

カキのバターソテー 1,450円

キッチン たか

「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目]かつれつ 四谷たけだ」の「カキバター焼」が忘れられずに調べていると「洋食エリーゼ」という店を閉店し揚げ物専門店として「かつれつ四谷たけだ」をオープンしたとのこと。
その「洋食エリーゼ」で働いていた方のお店が「四谷三丁目」にあるとのこと。
これは行かないと!と来店したのが「キッチン たか」。
新宿通りから「車力門通り」を少し曲がるとお店はあります。飲食店の多い小道。

メニュー

「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] 冬季限定メニュー。あった「カキのバターソテー(1,450円)」。 「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] 美味しそうな洋食メニューが並ぶ 「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] ポークメニューは種類豊富。 「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] お酒はビールとワイン

カキのバターソテー(1,450円)

「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] 「味噌汁・ご飯・カキのバターソテー(キャベツ・ポテサラ・ベーコン)」が付きます。
味噌汁の具はわかめ。 「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] 牡蠣は6個とボリュームがあります。
かつれつ 四谷たけだ」と比べるとバターソースがとても多い。
キャベツはドレッシングをかけないでもバターソースだけで食べれてしまう。
バターが牡蠣の上にも。ダブルバターなので、かなり、バターの味が強い、塩味も強め。
カキはぷりぷり。カキの回りのムニエルした小麦粉も多め。

卓上

「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] 「ドレッシング・醤油・ソース・塩・こしょう・タバスコ・つぼ漬け」。

店内

「キッチン たか」で「カキのバターソテー(1,450円)」のランチ[四谷三丁目] 並ぶことも想定して10:50に到着。1番乗り。55分に2名が並ぶ。
11時30退出で後ろ客はいなかった。 店内はカウンター6席のみ。

「キッチン たか」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★☆
店名 キッチン たか
交通手段 四谷三丁目駅 4番出口 から徒歩4分
住所 東京都新宿区荒木町3-1
営業時間 【平日】 11:00~20:00
【土】 11:00~15:00
定休日 日曜・祝日(※年末年始、お盆休みあり)
食べログ tabelog.com(口コミ:209件 / 評価:3.72)

四谷三丁目とは

四谷三丁目駅(よつやさんちょうめえき)は、東京都新宿区四谷三丁目にある、東京地下鉄(東京メトロ)丸ノ内線の駅。。一部案内では「四ッ谷」と小さい「ッ」を用いることがある。丸ノ内線の隣駅は「四谷三丁目」、町名は「四谷」、駅前のバス停留所は「四谷駅」「四谷駅前」で、「ツ」が入らない。、四谷地区という明確に線引きされた地区が存在するわけではないが、行政サービスに於いては、新宿区四谷特別出張所管区域界、四谷警察署管轄区域を指し、これらはほぼ新宿区発足直前の旧四谷区域に準じている。他にも四谷の総鎮守である須賀神社の氏子区域とする見方もあり、実際にはおよそ旧四谷区域のうち、新宿地区と明治神宮外苑一帯をのぞいた地区(おおむね、靖国通り(北)・JR線(南東)・外苑西通り(西)に囲まれた地区と、その周辺)の総称である。