市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

バンコックポニー食堂 麹町店

トムヤムクン米麺+ミニガパオ 900円

バンコックポニー食堂 麹町店

「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクン米麺+ミニガパオ(900円)」のランチ 麹町駅4番出口より徒歩約3分のマンション階段を少しあがった場所にあります。
以前は「ソイナナ」があった場所。また、タイ料理のお店ができました。

ランチメニュー

「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクン米麺+ミニガパオ(900円)」のランチ セットはお得。オプションも価格が安い。 「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクン米麺+ミニガパオ(900円)」のランチ カオソイも美味しそうだな。

テイクアウトメニュー

「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクン米麺+ミニガパオ(900円)」のランチ ランチ時はお弁当がテイクアウトできる。スープは「50円」。 「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクン米麺+ミニガパオ(900円)」のランチ 夜のメニューも全てテイクアウト可能なようだ。

トムヤムクンラーメン+ミニガパオ(900円)

「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクン米麺+ミニガパオ(900円)」のランチ 「トムヤムクンラーメン+ミニガパオ(900円)」を注文。まずは、サラダ。次にミニガパオが着丼。
ガパオのひき肉は大き目で肉感がある。しっかりバジル。ナンプラーのコクもある。 「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクンラーメン+ミニガパオ(900円)」のランチ 具は「もやし・キャベツ・しめじ・ネギ・パクチー・エビ」がのる。
「レモングラス」の酸味。「ナンプラー」のコク。「コブミカンの葉」の香り。がしっかり。
酸味は強め。このぐらいの酸味が個人的には好き。辛さも強め。食べていると汗がでる。 「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクンラーメン+ミニガパオ(900円)」のランチ 麺はフォー。量がとても多く入り満足感がある。美味しいトムヤムクンラーメン。

卓上

「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクンラーメン+ミニガパオ(900円)」のランチ タイの食卓調味料「クルワンプルーン」。砂糖の「ナムターン」、魚醤の「ナンプラー」、唐辛子の「プリックボン」、お酢の「ナムソム」の4種類。

店内

「バンコックポニー食堂 麹町店」で「トムヤムクンラーメン+ミニガパオ(900円)」のランチ テーブル席のみ24席。以前の「ソイナナ」とあまり変わらない店内。接客も良い。

「バンコックポニー食堂 麹町店」を予約する

「バンコックポニー食堂 麹町店」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★☆
店名 バンコックポニー食堂 麹町店
電話番号 03-6272-8539
交通手段 麹町駅 徒歩1分
住所 東京都千代田区二番町9-2 日興ロイヤルパレス二番町第二 1F
営業時間 【月~土】
ランチタイム:11:15~15:00
ディナータイム:17:30~22:00
定休日 日曜日
ホームページ bkk-pony.com
食べログ tabelog.com(口コミ:2件 / 評価:3.02)

麹町とは

麹町駅(こうじまちえき)は、東京都千代田区麹町三丁目にある、東京メトロ有楽町線の駅。駅北端に隣接して日本テレビ放送網麹町分室の社屋があり、本社が汐留の日本テレビタワーに移転するまでは当駅の入口が同社のテレビ番組に映ることが多かった。また、6番出入口のすぐ横はマイスタジオだったため見学客と共に駅を利用する客が出入りする姿も映っていた。かつては駅敷地内にも日本テレビ構内への出入口があり、コンコースの途中に日テレ学院の入口があった。2019年1月、番町スタジオの稼働に伴い麹町分室は閉鎖され、建物が解体されたため入口も無くなり、現在は壁面となっている。名の由来は町内に「小路(こうじ)」が多かったためという説、幕府の麹御用を務めた麹屋三四郎が住んでいたためという説もあるが、府中(ふちゅう)の国府(こくふ)を往来する国府街道の江戸における出入口であったため、つまりは国府路(こうじ)の町であったという説が有力である。