市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

肉とワイン Bistro2983

オージービーフ(ランプ)のステーキ丼[140g] 1,000円

肉とワイン Bistro2983

「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] 麹町から徒歩3分位。プリンス通りを少し曲がります。
すわ庵」と「ビストロ アリアンス」が入るビルの隣。「酒仙処 はくら」と同じビルで隣にあります。

ランチメニュー

「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] 丼ものと日替わり。和牛は量は少ないけどブイヨンをかけられる。 「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] ステーキ定食メニュー。ライス・サラダがセット。

オージービーフ(ランプ)のステーキ丼[140g](1,000円)

「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] 「オージービーフ(ランプ)のステーキ丼[140g](1,000円)」を注文。まずはサラダがサーブされます。 「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] 「コーン・玉ねぎ・水菜・牛肉」がのる。コーンの量が多い。
「オージー」だけど脂身は少なく噛み応えがほどほどの赤身肉。
物によって少し臓器の風味を感じた。気になるほどでもないけど。
タレは甘辛。でも、イヤな甘さはない。ご飯にも多くタレがかかっているので食べやすい。 「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] 焼き加減は丁度良い「ミディアムレア」ぐらい。万人に受けそうな焼き加減。
肉のボリュームも質も「1,000円」なら十分。コスパ良い。
和牛の丼だと「80g」なので肉の量はかなり寂しいかも。ブイヨンはかけてみたいけど…。

卓上

「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] 「塩・こしょう」が合体したミル。こしょうは香りも辛さも良かった。

店内

「肉とワイン Bistro2983」で「ステーキ丼[140g](1,000円)」のランチ[麴町] カウンター・テーブル席があります。11時台でも続々と客が入る。出るころには7割り程度埋まっていた。
メニューを見ると「PayPay」が使えたようだ。バーコードを発見できずに現金払いしてしまった。

「肉とワイン Bistro2983」を予約する

「肉とワイン Bistro2983」店舗情報

おすすめ度 ★★★★☆☆
店名 肉とワイン Bistro2983
電話番号 03-6380-9552
交通手段 麹町駅 徒歩5分
住所 東京都千代田区平河町1-5-7 エクレール平河町101
営業時間 【5/26から当面の間以下の営業時間とさせて頂きます】
[月~金]
11:30〜14:00
17:00〜21:00L.O. (22:00にはシャッターを閉めます)

[月~金]
11:30~14:30(L.O.14:00)
18:00~23:00(L.O.22:00)
[土・日・祝] *土日は予約のみ
18:00~22:00(L.O.21:00)
定休日 不定休 (営業日情報はFacebook、bistro2983.comにて更新)
ホームページ bistro2983.com
食べログ tabelog.com(口コミ:21件 / 評価:3.22)

麹町とは

麹町駅(こうじまちえき)は、東京都千代田区麹町三丁目にある、東京メトロ有楽町線の駅。駅北端に隣接して日本テレビ放送網麹町分室の社屋があり、本社が汐留の日本テレビタワーに移転するまでは当駅の入口が同社のテレビ番組に映ることが多かった。また、6番出入口のすぐ横はマイスタジオだったため見学客と共に駅を利用する客が出入りする姿も映っていた。かつては駅敷地内にも日本テレビ構内への出入口があり、コンコースの途中に日テレ学院の入口があった。2019年1月、番町スタジオの稼働に伴い麹町分室は閉鎖され、建物が解体されたため入口も無くなり、現在は壁面となっている。名の由来は町内に「小路(こうじ)」が多かったためという説、幕府の麹御用を務めた麹屋三四郎が住んでいたためという説もあるが、府中(ふちゅう)の国府(こくふ)を往来する国府街道の江戸における出入口であったため、つまりは国府路(こうじ)の町であったという説が有力である。