市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

酒仙処 はくら

豚のしょうが焼き 900円

酒仙処 はくら

「酒仙処 はくら」で「豚のしょうが焼き(900円)」のランチ[麴町] 麹町から徒歩3分位。「すわ庵」と「ビストロ アリアンス」が入るビルの隣。
肉とワイン Bistro2983」は同じビルの隣。 「酒仙処 はくら」で「豚のしょうが焼き(900円)」のランチ[麴町] 地下一階に降りると入口があります。

ランチメニュー

「酒仙処 はくら」で「豚のしょうが焼き(900円)」のランチ[麴町] ランチは5種類。各900円。居酒屋ランチらしいメニュー。

豚のしょうが焼き(900円)

「酒仙処 はくら」で「豚のしょうが焼き(900円)」のランチ[麴町] 最近食べていないなぁと思い「豚のしょうが焼き(900円)」を注文。
「山芋千切り・味噌汁・漬物・そぼろ大根・生姜焼き・ご飯」が付く。
味噌汁の具はあおさでネギも多く美味しい。「そぼろ大根・山芋千切り」も美味しかった。
メインだけでなく副菜がしっかりしていると嬉しい。 「酒仙処 はくら」で「豚のしょうが焼き(900円)」のランチ[麴町] 王道な「豚肉・玉ねぎ」豚は豚こまかな。味は醤油が強めで甘味すくなめ。生姜はよく効いている。
タレもほどほどの量。甘さがひかえめなので食べやすい。
そして、「しょうが焼き・千切りキャベツ」共に量が多い。これは満足感があります。マヨも多い。
副菜もしっかりしていて良い居酒屋ランチ。

卓上

「酒仙処 はくら」で「豚のしょうが焼き(900円)」のランチ[麴町] 「灰皿・醤油・七味・楊枝」。ランチでも「喫煙可」のようです…。

店内

「酒仙処 はくら」で「豚のしょうが焼き(900円)」のランチ[麴町] カウンター・テーブル席があります。13時入店でも6~7割の客入り。
店内は23席と広くはないけど落ち着ける空間だった。

「酒仙処 はくら」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★☆
店名 酒仙処 はくら
電話番号 03-3261-5657
交通手段 麴町駅 徒歩3分
住所 東京都千代田区平河町1-5-7 エクレール平河 B1F
営業時間 ランチ 12:00~14:00
ディナー 18:00~23:30
定休日 土曜日・日曜日・ 祝日
食べログ tabelog.com(口コミ:4件 / 評価:3.06)

麹町とは

麹町駅(こうじまちえき)は、東京都千代田区麹町三丁目にある、東京メトロ有楽町線の駅。駅北端に隣接して日本テレビ放送網麹町分室の社屋があり、本社が汐留の日本テレビタワーに移転するまでは当駅の入口が同社のテレビ番組に映ることが多かった。また、6番出入口のすぐ横はマイスタジオだったため見学客と共に駅を利用する客が出入りする姿も映っていた。かつては駅敷地内にも日本テレビ構内への出入口があり、コンコースの途中に日テレ学院の入口があった。2019年1月、番町スタジオの稼働に伴い麹町分室は閉鎖され、建物が解体されたため入口も無くなり、現在は壁面となっている。名の由来は町内に「小路(こうじ)」が多かったためという説、幕府の麹御用を務めた麹屋三四郎が住んでいたためという説もあるが、府中(ふちゅう)の国府(こくふ)を往来する国府街道の江戸における出入口であったため、つまりは国府路(こうじ)の町であったという説が有力である。