市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

煮込み伝次郎

牛すじ肉めし 700円

「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 麴町駅から徒歩2分程度。新宿通り沿いの「麹町PREX」といビルの前に出店していました。
この場所ではコーヒーのキッチンカーをよく見るかな。

メニュー

「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 「牛すじ・カレー」もしくは「合盛り」。

牛すじ肉めし(700円)

「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 「牛すじ肉めし(700円」を注文。だしスープもセルフで入れられます。 「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 「牛すじ(こんにゃく・玉ねぎ・牛すじ)・豆腐」にネギがのります。
「牛すじ」が1つ1つの大きさがあり食感も残っているので食べ応えがある。
味も甘すぎず濃すぎず。上品な印象さえある美味しい煮込み。米にもタレが染みている。 「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 豆腐が大きく4分の1丁ぐらいのサイズがある。ボリュームがある。
「紅ショウガ・七味」がとても良く合う。必須でもらってきたい。

墨田区PayPayで30%戻ってくる

「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] ちょうど墨田区PayPayで30%戻ってくるキャンペーンを行っていた。
ここは千代田区なので「煮込み伝次郎」は墨田区で登記されているのかな? 「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 210円付与されました。「490円」で購入できた。

店内

「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 紅ショウガ・七味・箸・スプーン・スープ。スープはなくなり次第終了。 「煮込み伝次郎」で「牛すじ肉めし(700円)」のキッチンカー[麴町] 木でできたキッチンカー。「PayPay」が利用できました。

「煮込み伝次郎」店舗情報

おすすめ度 ★★★★★☆
店名 煮込み伝次郎
交通手段 市ヶ谷駅 徒歩3分
住所 東京都千代田区麹町3-2-9 麹町PREX前

麹町とは

麹町駅(こうじまちえき)は、東京都千代田区麹町三丁目にある、東京メトロ有楽町線の駅。駅北端に隣接して日本テレビ放送網麹町分室の社屋があり、本社が汐留の日本テレビタワーに移転するまでは当駅の入口が同社のテレビ番組に映ることが多かった。また、6番出入口のすぐ横はマイスタジオだったため見学客と共に駅を利用する客が出入りする姿も映っていた。かつては駅敷地内にも日本テレビ構内への出入口があり、コンコースの途中に日テレ学院の入口があった。2019年1月、番町スタジオの稼働に伴い麹町分室は閉鎖され、建物が解体されたため入口も無くなり、現在は壁面となっている。名の由来は町内に「小路(こうじ)」が多かったためという説、幕府の麹御用を務めた麹屋三四郎が住んでいたためという説もあるが、府中(ふちゅう)の国府(こくふ)を往来する国府街道の江戸における出入口であったため、つまりは国府路(こうじ)の町であったという説が有力である。