市ヶ谷マガジン|美味しいおすすめランチ満載!

味彩酒房 仁 麹町

さんぞく焼定食 900円

味彩酒房 仁 麹町

「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ 麹町駅から歩いてすぐ「新宿通り」から1本入った道にあります。 「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ 階段で地下一階へ降りると入口があります。

ランチメニュー

「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ ランチメニューは3種類。事前に調べた「和定食」はなくなってしまったようだ。

さんぞく焼定食(900円)

「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ 「さんぞく焼定食(900円)」を注文。ご飯は「大盛り・お替わり」無料。
「山賊焼き・味噌汁・漬物・すまし汁・ご飯」が付く。
「すまし汁」に「味噌汁」と汁ものが2つ。「味噌汁」は油揚げで具沢山。 「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ 「すまし汁」は「魚のつみれ・豆腐・白菜・人参・えのき」などが入る。
スープは野菜の甘みが出ている。「つみれ」は柔らかく魚感も残り食べ応えがある。 「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ もも肉が1枚。厚さもありボリュームがある。
衣は固めで「味噌」を付けないでも十分味がついている。
下には生のキャベツがひいてある。ボリュームはあります。
「うどん定食」の方が良かったかな。次は「W汁もの」じゃない日にうかがいたい。

卓上

「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ 「醤油・ソース・七味」。ランチタイムは禁煙。

店内

「味彩酒房 仁 麹町」で「さんぞく焼定食(900円)」のランチ 11:30入店。先客4人1組。12時に近ずくにつれて客足がある。
ボリュームがあるからか男性客が多い。テーブル席のみ。

「味彩酒房 仁 麹町」を予約する

「味彩酒房 仁 麹町」店舗情報

おすすめ度 ★★★★☆☆
店名 味彩酒房 仁 麹町
電話番号 050-3490-4904
交通手段 地下鉄有楽町線 麹町駅 1番出口 徒歩1分
地下鉄半蔵門線 半蔵門駅 2番出口 徒歩5分
住所 東京都千代田区麹町4-3-1
営業時間 ランチ/11:30~13:30
ディナー/17:00~23:00(L.O.22:00)
定休日 日曜日 土曜日
ホームページ jinkoujimachi.gorp.jp
SNS Facebook「 麹町 味彩酒房「仁」 @jinkojimachi
食べログ tabelog.com(口コミ:6件 / 評価:3.07)

麹町とは

麹町駅(こうじまちえき)は、東京都千代田区麹町三丁目にある、東京メトロ有楽町線の駅。駅北端に隣接して日本テレビ放送網麹町分室の社屋があり、本社が汐留の日本テレビタワーに移転するまでは当駅の入口が同社のテレビ番組に映ることが多かった。また、6番出入口のすぐ横はマイスタジオだったため見学客と共に駅を利用する客が出入りする姿も映っていた。かつては駅敷地内にも日本テレビ構内への出入口があり、コンコースの途中に日テレ学院の入口があった。2019年1月、番町スタジオの稼働に伴い麹町分室は閉鎖され、建物が解体されたため入口も無くなり、現在は壁面となっている。名の由来は町内に「小路(こうじ)」が多かったためという説、幕府の麹御用を務めた麹屋三四郎が住んでいたためという説もあるが、府中(ふちゅう)の国府(こくふ)を往来する国府街道の江戸における出入口であったため、つまりは国府路(こうじ)の町であったという説が有力である。